【裏】SOLITUDE-klang

V系バンドを応援する心理カウンセラーのブログ

世界が愛で満たされる時

先日別居したという 子宮委員長はるちゃん夫妻


「別居します」の記事には批判コメントがすごかったですねw

つい興味本位で覗いてしまいました(笑)

 

孕ませられたい!という一人の女性の欲求により

誰の子かわからない子供を妊娠し 出産

その後勤務されていた風俗店に訪れた岡田氏と結婚し

その幼子を岡田氏に受け渡しての 別居 離婚もするみたいですね

 

これだけ「心」についてコンサルやらお話し会やらされている彼女ですから

信じられない親だ!とか子供がかわいそうだとかって

そりゃーそう思う人のほうが現代は まだ多い

 

でも子供は本当にかわいそうなのでしょうかね

かわいそうだ!というのはそれを観測している人の思いであって

子供自身はお父さんと居て幸せかもしれないし

血縁関係にない両親に育てられることを不幸と定義するのは

多数決のようなものだと私は思います

 

きっとこれからの世の中

出産したい人が出産して 

育児に手慣れた大人たちが子育てをして

契約を結ばない自由な恋愛を 恋愛したい相手として

(だから相手がひとりとは限らなく)

家族になりたい人達で家族になる

 

そうゆう世界に変わってゆくのだと思います

地球上の人々が「自分を生きる」ということを追求したら

究極はそうなるはずなんです

 

だからはるちゃんは

そうゆう世界の先駆者であり 先端を行きすぎるがゆえ

批判を浴び

ですがそれに耐えられる心を作り上げた人だからこそ

彼女が先駆者であり続けられるのだと思います

頭で理解していても 私にはまだ無理ですもん(笑)

 

彼女はすごいなぁと思います

 

人々が自由に恋愛出産結婚離婚をする時代が来たら

どうなると思いますか?

嫉妬や自己否定 そういったものが全て消えるからこそ

こんな世界が出来上がるのです

 

今はまだ ほんの一部の人たちしか

本来の自分を生きていない

でもその一部の人たちは誰よりも他人を信じているし

自分も他人も愛しているのです

 

彼女達の周りから徐々に 愛が広がり始めている

この先が楽しみです

 


人気ブログランキングへ