読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【裏】SOLITUDE-klang

V系バンドを応援する心理カウンセラーのブログ

バンドが売れない本当の理由②

たぬきの記事にも書きましたが

たぬきでの叩きは(書き込んだ側の)死に繋がる(笑) - 【裏】SOLITUDE-klang

周囲に言われることと、自分が周囲に言いたいこと というのを利用して

説明します

 

①誰かから

「お前のバンドはかっこいい」と褒めてもらったとします

 

②しかし一方で

思うように上がらない世間の評価

があったとして

 

③バンドマン張本人は

「俺のバンドが一番かっこいい」と本気で思っているとします

 

 

心の世界だとこれは

 

人から言われること=思考が自分に言っていること

自分が人に言いたいこと=自分(心)が自分(思考)に言いたいこと

 

*ここで心と思考について解説しますと

 (色々な表現があるので一概には言えませんが・・)

 

心⇒俗にいうインナーチャイルド、本音(自覚がないことも多い)

    ハイヤーセルフなど

思考⇒自分で意識している「考え」、観念、一般常識など

自分という存在の中には、2つの「想い」があって

他人、や社会は、その2つを足して映し出す鏡と考えます

 

青字の公式を当てはめると

①誰かから

「お前のバンドはかっこいい」と褒めてもらった

 

「思考」が”お前のバンドはかっこいい”と言ってて

 

③バンドマン張本人は

「俺のバンドが一番かっこいい」と本気で思っているわけで

 

世間、社会の評価として

②思うように上がらない

 

これに対してバンドマン張本人が感じることが 

自分が人に言いたいこと=心が自分(思考型の自分)に言っていること になります

 

○○も褒めてくれてるし俺もこのバンドが過去最高にかっこいいと思ってる

自信がある だからどうして世間がうちのすごさを理解しないのかわからない

もういい加減日の目を見たい

そろそろわかってくれ 俺らの凄さとかっこよさ

これ以上どうすればいいっていうんだ

 

と感じているとすると

 

 

一歩離れて見てみます

すると

「心」➡もう十分頑張ってるし、人一倍我慢も努力もしてきた

    そろそろ俺を許してくれ これ以上どうしていいかわからない

    いい加減俺を評価してほしいんだ

 

と 自分に言っているということになります

 

世間の厳しさは 自分への厳しさ と

よく言いますけど

分解するとこうゆう仕組みになっています 伝わるんでしょうか(笑)

自分らへのダメ出しいい加減にしてくれということですよw

いつかも書きましたが

貫いてきた信念 貫き続けて売れないのは貫き続けているからです

信念を捨てたときに流れが変わります 

信じるか信じないかはあなた次第です

 

バンドを応援する側も同じで

こんなにかっこよくてこんなに大好きなバンドが

どうして売れないで解散していまうのか(泣笑)

 

商売してる人だとわかりやすいですが

こんなにいい商品を提供しているのにどうして売れないのか

ということをそのまま映し出しているのがその好きなバンドだったりします

(笑)

 

 

よく 夫婦でね

私がひとりで家事も育児もこんなに頑張っているのに

たまに体調が悪いときにもあなたは「俺の飯は?」

   しね となった経験のある奥様多いと思うんですがw

 

こんなに頑張っている私(心)が

あなたに私を大事にしてよと訴えている

この”あなた”

これはご主人ではなく 自分なんですね実は

 

もっとサボって 休んで 旦那を頼っていいんだぞという

ハイヤーセルフからのお達しです

 

 

世界を見渡すと結果全部自分であることに気づきます

説明難しいですが(笑)面白いです

こんなことわかってなくたっていいけど

知っていると何もかもが当てはまるから

試てみて