読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【裏】SOLITUDE-klang

V系バンドを応援する心理カウンセラーのブログ

「大好き」だけの世界

ここ数年で180度とはいかなくても

140度くらいは違う生活をするようになった

 

3年前まで いや一昨年くらいまでかな

私は朝もはよから終電まで

パワハラ上司のいる職場で胃炎になりながら働き詰めだった

 

自分のポジションを若いデザイナーに奪われないように

常にトレンドを意識しつつ(笑)

客先さんの御機嫌伺いのトークを勉強して

頼まれてもいない仕事を先周りしてこなし

喧嘩っ早い私でもクビにならないよう実績を重ねてきた

何度病気をしても立ち直り また過労して平日を通り過ぎ

ただ日曜日のライブを待ち続けていた

 

現在は始業ギリギリに着いて定時で帰る

何がどう終わってなくても帰る

休日出勤はしない 海外やお客さんとの連絡も

就業時間外は一切しない

誰にもコントロールされることなく

のんびりと仕事して できない分は人にやってもらう

お昼は好きな時間に食べる

髪型やピアス刺青が自由(笑)

 

平日買い物したければ寄り道をして

疲れていれば真っ直ぐ帰宅

大好きなぬいぐるみを抱えながら(笑)お気に入りの音楽を聴いたり

ライブ映像を観たり

時々は「家着いたなう けどやることねー!笑」と突然の暇に気づく

今までの人生で「暇」ということが全くなかったから

きっと今私は「暇」をやりたいんだと思っている 退屈ではない

土日祝日もいろんな楽しみが待っていて

今は本当に大好きなものに囲まれて

あらゆる意味で余裕ある生活をしているなと感じている

勘違いしないでほしいのが

"残業しないとほにゃららと思われるのが嫌だから"という二次感情ではなく

心からその仕事が好きで残業というかむしろ楽しい!という場合もあるし

残業が悪いと訴えたいわけではない

簡単に言うと「我慢」をしていないということだろうと思う

 

元々頑張り屋で働き者の星から来たクソ真面目な私が

このような怠け者になるのは本当に怖いことだった

思った以上に勇気がいるし 実際今も少し戦っているw

 

この世界はまだ"頑張るが正"

"短時間で正確にできるだけたくさんの仕事をする人間”が善とされているのが一般的で

職場によっては残業しないことがまるで「悪」であるかのような洗脳をされていることもある

(実際うちの会社もそんな感じである)

 

だから毎日誰よりも早く「お先に失礼しま〜す」とドアを開ける作業に対して

誰に何を思われているかはわからない(笑)

 

定時頃に”本日中の仕事”を与えられたとしてそれを断ることができれば

または時間内にこなすことができなければ

依頼する側が ”もうこの人には頼まない”と判断し

「できる人」「こなせる人」のところにそうゆう仕事が行く

そんなことしたら自分の給料が減るのでは?とかクビでは?

と信じているなら 現実もそうなっていく

自分は無理して仕事しなくても給料をもらっていい

そう思えていることが前提ではあるが(心屋式でいうところの存在給)

そもそも そう思うためにこうゆうことをする ということでもある

 

つまり

「仕事のできないやつ 遅いやつ」

「人に仕事押し付けてズルいやつ」

と噂されたり攻撃されたりするリスクを追う可能性はとても高いわけで

それを受け入れる勇気があるかないか

私にはそれでも優先したい自分の時間があったのだ

 

バンドというものが本当に大好きなんですよ(笑)

 

もちろん音楽自体も大好きで 時々仕事中もイヤホンしてるくらい

薄々感じてたけど私は多分一般的なバンギャさんとちょっと違う感覚で見ている

 

本当にかっこいいと思うんですよ バンドとしても

衣装もメイクもパフォーマンスも

メンバー個々の自撮り画像とか 可愛いのは保存してます みんなみたいに

しかしチェキとか要らない

メンバーとの交流とかリプとかファンメとかまるで興味ない

ここの境目が私よくわからないのだけど

メンバーそれぞれのツイートも実はどうでもよくて

今一番好き!と思うバンドでも公式の情報だけ届けばそんなに困らない

曲を聴いて ライブを見て 表klangでレポ書いて(笑)

心底それが私の幸せなのだ

ライブもクラシックのコンサートも本当に大好きなものは一人で見たい 

だから人知れずこっそりハマることが多い(笑)

残業を辞めて こうゆうことを優先したかったんだ

 

 

若い時は相当可愛かったろうなと思われる顔立ちのおばちゃん(主に独身に多い)は

40歳を過ぎた頃からたいがい顔が怖くなる

笑ったら可愛いんだけど普段眉間にシワ寄り気味で 真顔だと口がへの字

(男性でもイケオヤジはいるけれど真顔だと口はへの字w)

そうゆう人ってすごく常識的だし気遣いさんだし 表面上は優しい

でも中の人怒ってるよね確実に

 

「~べき」に縛られて頑張り続けると

病気になったり そうゆう顔になったりするのかもしれない

自分を抑えて人を優先するにはやはり多少の我慢が必要だし

我慢するのが癖になると

我慢をしている自覚すらなくなって「私は自由に生きてる」とか言い出したりする

 

 我慢の世界に溺れるか

大好きの世界に溺れるか

どちらでも好きな方を選べるのだ 

 

今まで無視してきた「自分の気分」

これに逐一気づいて大切にしていくことができれば

人はもっと輝いていくと思う

他人を気遣うなと言っているわけじゃない

ただ他人の前に まず自分 なのである

 


人気ブログランキングへ