読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【裏】SOLITUDE-klang

V系バンドを応援する心理カウンセラーのブログ

ファンはバンドの鏡

アヴァンチックの話題に消されて葬り去られてるけど

あの日こんな記事も落ちてて拾ったのだった

 

つまりこうゆう事でしょ?

バンド側からギャへお願い

 

「最前入るなら振りをやってください  声を出してください」

 

 

Sick2てボーカルの人がヘッドセットマイク使ってるバンドさんでしょうか

エアロビのように両手空けるための仕様でしょうから確かに振りがたくさんあるのでしょう

 

そのメンバーさん達から見て客席が鏡のようでないということですね 

思うように動いてくれないという事ですね 

それは”メンバーとお客さんの心が通じ合えていない”ということだ

 

 

 

 

そもそもメンバー同士で心は通じ合っているのでしょうか

 

 

スキルやテクニック 見せ方盛り上げ方とか

そうゆうのはきっとめっちゃ研究して自信持ってることと思うのですが

考えるべきはそこじゃないっていうメッセージか

 

お客さんからバンド側に何かしら抗議なり要望なり届いて

平等性を考慮したとも考えられますが

そうゆう外の意見を取り入れてものすごいライブがつまらなくなったバンドがいる

活動十数年目にしてここ2〜3年で突然ライブがつまんなくなった(笑)

 

外側の責任に目を向けたところでそれってたいがい裏目にでる

 

 

 

だがしかし前述の話題同様

その裏目を逆手に取って波に乗ることもできなくはない

 

 「一部のお客さんのせいで盛り上がりに欠けるんです」と言っているようなものですから 

人がやらないというか怖くて書けないような記事を書いたという点では注目したくなる要素あります

それが天然であったとしても(笑)

反感買ってはいたけど希龍さんのツイートが投下されるまでは結構この話題に反応してた人が多かった

 

 

 

人を思うように動かそうとするのは

自分の支配下に置くということであって

そこには同じ波動を持った「支配されたい人たち」が集まるので(無自覚なことが殆ど)

それで成り立ってしまったりもするのです

その音楽やライブに  

縛られたくて奴隷になりたい人がどれだけいるかです

だから狭くなる

当然 アホほどの音楽性独自性演奏技術など相当特化した個性が必要になってきます

そして自分たちの希望から少しズレると今度はそれが気になり

修正して またズレを見つけて・・この繰り返しの沼にハマる

自分以外の何かへの要望希望とはそうゆうものなのです

 

ファンはバンドの鏡って抽象的な意味じゃなくて本当にそのままバンドの姿

思うように動かないファンの姿は

バンド側の観念の映し鏡であり

ステージから見える景色がそのまんまバンドの自信であり 愛であり 許容であって また信頼である

 

だから自分で自分の本音よくよく見たら

どうしたらいいかもわかる

本を何冊読むより 先輩の話聞くより

それが一番早くて正確です

自分達を見ている人が少ないと思うのは

自分自身が自分を見ておらず

周りばかりを見て周りが悪いと思っている証拠です

 

 

1日一回有効です

 ↓ ↓


人気ブログランキングへ