読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【裏】SOLITUDE-klang

V系バンドを応援する心理カウンセラーのブログ

ドマイナーからの脱出方法①

バンドが売れない…

売れたい…などのワードで検索掛かってるのでw

今日は心理学ではなくて

 

動員数都内で300~500規模の通いが

動員数都内で50規模のバンドのライブを見る時

 

物理的にここがこうだったらもっと通うのにという所を書き出してみます(笑)

f:id:SOLITUDE:20170220231614j:image

全部が全部こうじゃないだろうけども

私が知ってるドマイナーはこうゆうところが通いずらい

 

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

 

1.ステージからお客が見えすぎてる気がする

       EDGEとか超落ち着かない…

 

2.確実に自分が煽られてる→

      乗らないと申し訳ないような気分になる

 

3.一瞬で顔を覚えられる(麺に)

 

4.一瞬で顔を覚えられる(ギャに)

 

5.物販にメンバーがいる

 

6.たまに物販に立つスタッフが無愛想

 

7.誰でも彼でも叩くギャがいるのは良いが

  それが誰だかすぐわかる

 

8.独特の やりたくない振りや動きがある

 

9.ライブ行かないと音源が手に入らない

 

10.解散と隣り合わせ

 

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

 

箇条書きして思うけど

ドマイナーがドマイナーから出られないのは当たり前な気がしますよね

 

この10箇条のうち

1..2..3..5..9..半分ぐらいの条件を逆に

これがドマイナーのいいところ♪と思っているギャさんがいるわけですよ

で それがドマイナー盤の動員の質なわけでしょう?

だからそうゆうお客さんを相手にしてるということで

大変理にかなっていると思う

これを続けていてはドマイナーのギャしかつかない (ある程度の交流を図りたいというのが通う目的の数%を占めている人達)

 

 

私はドマイナー動員ではないので

この1~10が全部落ち着かない

(まぁ…10だけは仕方がない 笑)

この10箇条のせいで確実に参戦本数3分の1は削ってる

落ち着かないのよとにかく(笑)

 

ドマイナーからマイナーへ移るための対策として

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

 

1.四角くて見やすい箱でやらない(笑)

 

2.お客さんと目を合わせない

   ※補足するなら「新規」と思われるお客さんと目を合わせない

 

3.顔を(覚えちゃうと思うけど)覚えてない振りをする

 

4.避けられない…笑

 

5.物販には常にスタッフを置いておく

 

6.営業力のある接客慣れしたスタッフをつける

 

7.叩かれそうなことを 麺が呟く しでかすなどして

ギャではなく麺がターゲットになるように仕向ける

規模が上がればギャがギャを管理しきれなくなるのでw

大した問題じゃなくなるけど

 

8.せめて売れるまでは

  振りだけは当たり障りのない恥ずかしくないやつにして…

 

9.これも仕方ない けど

   自信があるリード曲はYTにアップ

 

10.解散する前に 今までの信念と真逆のことをしてみる

 

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

 

こんなふうに改善されたら

削ってる3分の1行く自信ある

 

8が個人的にすごく嫌で(笑)

四角くて見やすいピクニックでやり慣れない変なモッシュとかやりたくねーw

って思うマイナー盤のお客は多いと思うよ 

 

がっつり目を合わせてくれるのも

顔を覚えてもらえるのも

300人集めてからのほうが効果的と思う

物販に立つのもこのぐらいになってからだとエラい希少価値があって

インストにもお客さん入りやすい

売れない頃のDADAROMAとか物販に立ってるの見たことない

 

神のお告げだったからブログはPC派の私がiphoneで書いたもん(笑)

音もステージングも大して変わんないんだって!!

通いにくさと楽しさを削るもの

それだけ

 

   
人気ブログランキングへ

 

 

 

 

パワーハラスメント

モラハラパワハラについてのとてもわかりやすい記事

かくいう私もパワハラに遭ってきた人であり

パワハラをしてきた人でもあって

自覚は 確かに曖昧なものでした

仕事が遅い人 気が利かない人 人任せの人

未だにイライラが止まらなくなります

 

>幼少期、育てた人(親や先生)が高圧的でさ、いつも顔色伺ってたわけよ。

毎日母に無視されてないかビクビクして生きてきた 

確かにそうです

人間関係は支配するかされるかの二択しかないと思ってきたし

パワハラをする人に母親を重ねて

いつか殺してやろうと思ってきました

 (代理復讐というやつですね)

 

ようやっと・・パワハラの現場からは抜けることができましたが

今も目の前で観測しています

客観視すると

というかこれが人のエネルギーが見えてしまうということだと思うんですが

部下にパワハラする人が意図しているのは

”俺はできる人間だ”と”お前はできない人間だ”を区別して

自分で自分を称賛に価する人間だと思いたい ということと

 もうひとつは

”自分が幼いころ耐えてきた環境に 相手も押しやりたい”という

復讐心のようなものだと思うですよね

 

自分がしてきた苦労を 無意識に

部下にもさせるべきだと思うわけです

その「自分がしてきた苦労」というのは自覚している記憶として

社会に出てからのものであることが多いけれど

本当はもっと昔

それこそ5歳の頃に自分が感じてきた思いを癒せていないがために

自分がしてきた我慢や苦労を他人に強いるのです

 

私これ すごくわかるんですよね

苦労は買ってでもしろっていう その気持ちわかるもん

 

だから

この本田晃一さんのブログの

>寝るときに、5歳の自分を「よしよし、大丈夫だよ」って抱きしめてみ。イメージで良いからさ。

 こんな労いは

とってもとっても大事なことだと思うんですよね

 

足りてないのよ 自分への労いが 愛が

この状態のまま人のカウンセリングをしても

厳しいことを言うカウンセラーになってしまう

「あ~それはこうゆう心理だね 本当は人を見下してるんだよ」

とか言ってしまうのよ

 

私がいくら 地球人に「まず自分だ」と言っても

うまく伝わらなくて悲しくなるけれど(笑)

まず自分なんだよ

 

 

 

  
人気ブログランキングへ

 

「周り」と「わたし」

どんなカウンセラーでも

不完全なまま人のカウンセリングをしている

 

というか完全な人間という概念自体があり得ないというか

 

それをクライアントさんに諭しておきながら

自分の不完全さに不安で恥ずかしくてどうしようもなくなる時がある

 

私達大人は「恥」を 恐れる

 

"死にたくなった"の前にくる出来事は

恥に関するものが多いのだ

 

 

わたしは周りを気にしすぎている

大人しく 引っ込み思案な少女時代よりも

派手で何でも言える自分に変身した後のほうが

そのキャラクターらしい言動か否かを

いつもどこかでジャッジしている気がする

 

本当は 誰も見ていないのに

私しか わたしを見ていないのに

人目が気になるんだ

 

 

好きなことを しているはずだった

ある程度の満足はあるし

幸せであるとも思っている

 

でもそのあと少しの満ち足りなさが

自分を満たしてくれる 別のもの探しの余裕を作ってしまう

 

「周り」の目 がなければ

「わたし」は どうしたいのか

 

それを知った上で

どちらを選ぶか

本当の満足は そこに隠れている

 

 


人気ブログランキングへ

 

 

 

 

 Twitterハッシュタグ

Versailles日本武道館_瞬間」ていうのを見てね

 

あの日武道館に行ったから

いくらでも出てくるんだよ 素敵な記憶が

でも 周囲に期待されているであろうキャラを

貫こうとする自分がいて呟けなくて(笑)

 

いつからそんなキャラクター作ったかなと思ったの

〇〇さんキャーかっこいい握手してくださいっ!!♡♡♡みたいな私がいたら(笑)

周りがバカにするかなぁって

戦っている

子供の頃から グイグイ行くタイプじゃ全然ないけど

自分の好きな人を嘲笑うようなことはしなかった

嫌だなぁと 思ったの こうゆう自分

大好きな人を 大好きとも言えないなんて

嫌ね

 

別の記事とリンクしてたから

わたしから私へのメッセージなんだろうなこれ

世間の幸せが自分の幸せとは限らない

友達の子供が

一回でも使ったティッシュは使わないの
で親もそれを許してたくさんティッシュを使わせる

ほんと 1滴の水を拭いただけなのに

もうゴミ
それを見ていてね

子供の頃ってそうゆう 特に意味のない(ように見える)拘りがあった
今だって心の声を聞けば

こうゆう拘り ある と思った

 

大人はそれを見て「どうでもいいこと」って思うよね

だから「それあるんだからそれ使いなさい。勿体ないでしょう?」と言う

しかめっ面して嫌だと訴えて

でももう一度"それを使いなさい"と言われたら

諦める
そしてこんなことに拘る自分はおかしいんだ

ダメなことなんだ

と学んでいくんです

 

こうゆうのが固定観念や一般常識に変貌してゆく

 

 

それがどんなに無駄に思えても

その人にとっては大切なことだったり

大切な順番だったり

これが「好き」についても

子供って汚れたボロボロのタオルが大好きだったり するでしょう?
他人がそれを「~なさい」で縛る権利はないわけで

そこを許容されて育ってきた人と

否定され 更には笑われて育ってきた人との自己肯定感には

雲泥の差が出て当然なのです

 

 

私は 否定されて笑われて育ってきたけれど

今は自分が自分にその小さな拘りを許している

だから 両方知ってるの

 

自分の中の拘りや好きが認められた時は

 心の内側がすごくすごく喜ぶ

 

「好き」も「拘り」も「順番」も

人によって細かく違う

私が好きなものを

仲の良い友達が好きじゃないと言っても

それは当たり前で

自分の好きや拘りを認めていくと

他人の多種多様な好きや拘りも認めていけるようになる

 

ある年齢に達したら

結婚して家庭を作るのが幸せだとか

事業で成功して大金を稼ぎだしたらすごいとか

そうゆう時代は

もう終わっているのです

 

幸せも成功も自分しか知らない

時代は 「自分の幸せに沿って生きる」時代に移っている

 

   
人気ブログランキングへ

 

 

 

人間と話が合わないんです(笑)

3~4年前から、人の顔を見ていると

その人の人生のテーマ(怒りとか、拗ねとか、人生通して抱えてる思いみたいの)が
わかるという技が
気が付いたら身についていたのですが
 
最近人のエネルギーと会話してしまうというのか、
口から出てくる言葉の裏にある、相手が見せたくない意図みたいなものと
露骨に会話してしまうという新たな特技が増えました。
悩みなんて相談されても3秒で回答してしまって
相手が半ギレになるような。
 
人間と話が合いません(笑)
 
 
という記事を別のブログで書きました
 
人が人と会話する 及びTweetなどするときの意図のことです
その会話の内容に重きを置いているように見えて
実はその会話を 周囲の人に見せて
自分の”こう見られたい象”を実現させている人
”私はあなたよりものを知っている”を実現させたい人
自分の意外性を見せて可愛いと思ってもらいたい人 など
会話の内容よりもそちらが先に聞こえてくるようになりました
 
Twitterinstagramは特に
その人が自分を人にどう思ってほしくてそれをWeb上に公開しているのか
それしか見えなくなってきたというか
公式のアカウントで その人以外の人間や会社の縛りがある場合は
それに乗っ取った言葉というのも非常に見分けが付きやすです
 
それがエネルギーになっているから
「わかって」「褒めて」「認めて」「尊敬しろ」が先に聞こえてくる
 
こうなってくると特に女同士の関係って
同じ楽しみや娯楽の中での”共感”という目的で付き合っている人達が
どのくらいいるのだろうと思ってきます
まだまだ私の周りでは 比べるエネルギーが強くて
人と居ることが以前より疲弊するようになってしまいました
 
昨晩たまたまそのinstagramを開いた10秒後ぐらいに
天宮玲桜さんのLIVE配信が始まりまして
なんのことやらよくわからないままコメント参加してみました
 

ameblo.jp

 

「自分の心を生き始めたら友達がいなくなってきた」ことについてコメントしましたところ(笑)

玲桜さんケタケタと笑われて「そうそう!同じです(笑)友達 いなくなりますよ♡」

とのこと(笑)

 

私の出す波動が変化して 同じ波長の人たちが集まれば

新しく友達はできるそうですので 安心しました(笑)

 

長い付き合いの友人が もともとあまりいるわけではないのですが

そうゆう友達でも話している時間が無駄に感じるくらい

ずっと同じことを訴えているように感じて

現状での人間関係に大変苦痛を感じていました

波長の問題ということは頭で理解していますが

なかなかしんどいものです

 

もちろん 波長の問題で そこに善も悪も上も下もありません

 

最近見る夢はほとんどが「転機」を意味するものなので

今年じゅうにきっと居る世界が変わるのだと思っています

 

 

  
人気ブログランキングへ

 

 

自己免疫疾患と自己否定

でら羨ましい記事が上がっておった

こうゆう友達がわたしにもひとりだけいる

こんな考え方ができたらねぇ 苦労しないんだけど(笑)

 

昨日の記事でも少し触れましたが

私はバセドウ病と付き合って10年ほどになります

表klangでよく「ヘドバンモッシュ禁止期間」と書いているのですが

・・ヘドバンしてるんですがw

それはヘルニアではなく甲状腺の病状が思わしくない時に

メタル系ドラマー兼甲状腺科医師からドクターストップがかかるため(笑)

音楽やる人ゆえモッシュがどんなものか知っているというねw

 

バセドウ病って 自己免疫疾患の一種なんですが

自己免疫疾患とは異物を認識し排除するための役割を持つ免疫系が、自分自身の正常な細胞組織に対してまで過剰に反応し攻撃を加えてしまうことで症状を起こす、免疫寛容の破綻による疾患の総称。    wikipediaより

 

外敵のために備わった自分の免疫が

自分の体を攻撃してしまうという

自己否定を図解したような病気なのです(笑)

 

実は自己免疫疾患 もうひとつ持っていまして

特発性血小板減少性紫斑病というもの

これは7~8年前に寛解しているのですが

原理は同じです

 

上記のブログを読んでみて思いますが

私も外側を責めてなんでも人のせいに する人に一時的になりました

でもですね

幼少期に遡ると 私のせいで両親が喧嘩している と思ったり

母親にシカトされるのは私が悪いことをしたからなんだと

静かに過ごしながら自分を責め続けてきたことを思い出すのです

日々帰宅すると共に母親の機嫌を伺うことから始まり

受け答えの冷たい日は私はどうしたら許してもらえるのか

小さな頭でたくさん考えていた いじらしい日々がありました 

 

ですから”自分が悪い”という思い癖が根底にあるのですよね

自分以外の人が叱られている状況でも

私がいけなかったんじゃないかと模索することもあります

 

他人から言われたことで傷つきやすいのは

こうした根底の思いを証明するかのように「やっぱり私がいけないんだ....」と

思わせてくれるから

幼い頃に根付いた勘違い 幻想から

目を覚ます手伝いをしてくれます

 

自己否定をするのを すぐにはやめられませんよね

リブログ先の彼女のように いや私は絶対悪くない!と

思ってみたところで

その下にぶるぶると震えながら自分を密かに責め続けている自分がいたら

意味 ないです(笑)

 

なので 自分を責めてしまう自分をまず OKしようという試みです

 

だってね

そうゆう人にはそうやって乗り越えてきた過去があるのです

仕方がないんですよ

誰かに否定され続けてきたのかもしれません

親に毎日朝から晩まで「お前はダメな奴だ」と言われてきたとしたら

子供はそれを信じて当たり前なので

まず 自分のせいだ 自分が悪い 自分がいけないんだと

ちょっとでも思ったら それをOKして

自己否定をしている自分に気づいていくのです

 

マイドンフルネス で検索すると わかりやすかもしれない

 

私自身まだ実験中ですし

正直想定以上に時間がかかっていますがw

自己否定が終わると 病気は必ず寛解します

自己免疫疾患は それを教えに来てくれる大切な合図です

 

  
人気ブログランキングへ

 

今が辛い人達へ

今していること 仕事などにおいて

辛いことのほうが多いと感じるのなら

そんなことは今すぐに辞めるべきだ

 

辛い しんどい という感情を覚える時間が増えれば増えるほど

目の前に辛くしんどい現実が引き寄せられてくる

 

ほんの一時の幸せ 生きる意味を見いだせる場面のために

ほかを我慢して耐え抜くことは

人間は続けることができない

 

辞めた後どうなる を 考えない

なんとかなる

 

それでも辞めたくないと懇願するのであれば

ヒントがある

 

辞めたくない理由は何なのか

それを続けることで嬉しいことは何か

それでも続けたい理由は何なのか

を 明確化して

欲しい物 見たい現実は何か 宣言する

 

それに伴う不安や 無理なのではなかろうかという感情が出てきたら 無視せず そうなんだね と認めてから

思考を切り替えるのだ

 

つねに欲しい現実を見る

それが本当に手に入ったなら 嬉しいことは何なのか

自分に問う

いいか? 手に入らなかったら は 考えない

 

そして現状のなかで幸せと感じることを探すのだ

 

どんな細かいことからでもいい

できることから実践していくのだ

必ず未来が変わる