【裏】SOLITUDE-klang

V系バンドを応援する心理カウンセラーのブログ

我執鬼行.16

f:id:SOLITUDE:20170205150157j:plain

 

こうゆうものあんまり読まないんですけど

これも載っていたので

 

f:id:SOLITUDE:20170205151132j:plain

 

MASATOのいう

”意思の疎通をわざと図らない”というのが

バンドを長く続けるコツに思えてきた

 

4〜5人はいるわけだから 

何でもかんでも全員が同じことをやりたいはずがなく

誰かがやりたくないと思っている こともある

 

やりたくないと思うことでも

実際にやってく中で楽しさを見い出して行く

 

このスタンスがあの楽しそうなステージの基盤になっているんだと思います

あの人たち無意識に?引き寄せの基本をやっているんですねw

みんなが「違う」ことを受け入れた上での 認めた上での

集団活動 これができると

バンドとして続けて行くことが楽になると想像します

 

バンギャはステージ上の人間関係詳細まで見えませんが

(見えてしまうこともありますがw)

なんとなく空気で感じ取ります

そしてそれが反映され鏡に映った姿がバンギャ同士の(裏での)関係であり

ステージから見たお客さんです

 

大事なことなので2回書きますけど この

やりたくないと思うことでも

実際にやってく中で楽しさを見い出して行く

 

これをやって行くだけで全然見える景色変わってきます

メンバーの◯◯にもっとこうなってほしいとか

自分のこうゆうとこがダメなんだとかそんなんやる前にまず

これを全員意識してみると とりあえず日々楽しい気分が増えてきます

そのままステージに上がったら

楽しいステージを見てお客さんが楽しいわけですね

何度か書いていますがライブの楽しさで言ったらNOIZを越えるバンドはまだないです

彼らのステージはあれこれ思い悩むことの無意味さを教えてくれます(笑)

 

もちろん逆も然りですから

お客さんたちが

やりたくないと思うことでも

実際にやってく中で楽しさを見い出して行く

やっていたら(3回目)

楽しいバンドに惹かれていきます

 

この対談面白かった

どなたか麺様にお伝え下さいw

 

そして言ノ集

f:id:SOLITUDE:20170205153453j:plain

 

これはもう善い意味でも悪い意味でもよくわかりませんでした(笑)

如何様にも取れる書き方でしたが 私に伝わるのは”弱さ”

*弱さに善いも悪いもありません

繊細で脆いその弱さがこの人の魅力でもあり

もがいている最中 私たちはそれを見ている という感じです

初めて彼らのステージを見たときに

その強い眼差しがグラグラと揺らいでいるのにこちらが惑わされました

奇抜な装いで 奇抜なステージで 彼は何かに怯えているようだったのを

覚えていますが

こうして紡ぐ言葉たちを見て合点が行く感じです

 

孤独というキーワードに関しては

どちらかというとネガティブな視点から綴った文章のように見えました

私のブログはあちらこちらSOLITUDEで(ちなみにklangは”音”)

自分で立ち上げているブランド名もSOLITUDEなのですが(笑)

その意味は「孤独」です

 

もともとはネガティブな意味合いで

どこに居ても 誰と居ても 何人一緒に居ても

いつでも強い孤独を感じていた私が バセドウ病を患い

(ホルモン的な薬を飲むので精神がエラく不安定になりますw)

一人で暮らして行くしかないと思っていたあの頃

無理くり仕事に通いながら 一人で食事の支度をして 洗濯をして・・・w

リアルに自らの死と隣り合わせだった当時 

毒吐き所として最初に立ち上げたブログのタイトルです

思いついた言葉が孤独しかありませんでした(笑)

 

現在ではその孤独がとても大切で愛おしく

私にとって至福の時間になりました

なので私にとって孤独とは 愛であり幸せ です

 

話が逸れまくりましたがw

孤独は私の人生のテーマでありとても重要なキーワードなので

触れずにはいられませんでした

 

 

以前RAZORというバンドのRED INVISIBLEというアルバムを聴いて

記事を書きましたが

solitude-klang.hatenablog.com

 

この自信満ち溢れようはすごい

BORNが解散するときに猟牙くんが「こんなあったかい空間はもう作れないかもしれない」と言っていたけれど

その不安や恐怖を全て自分で受け入れていたんだと思うんですよね

新しいバンドを結成して

このようなアルバムが出るというのは

 

このアルバムってほとんどの曲が

ライブでどう動くか(ジャンプとか折りたたみとか)

聴いてるだけでだいたいわかるんですよね

そうすると私たちが知っているあのめっちゃ楽しかった空間を

イメージとして思い出すことが容易なんです

今ライブに行ってる人たちがどんな風に楽しんでるか見えるので

行く気になる

最初の音源だから意図してそう作ったのかなと思いますが

一度”居場所”を作ってしまえばあとはいくらでも好きなようにできますから

そのあたりがさすがキャリアを積んだバンドマンの集合体だなと思いました

 

 

バンドに限らず

自分の自信の無さとかとてつもない恐怖心とかを

「大丈夫!大丈夫だ!」とかいって否定しないで

怖くてたまらないんだ 不安なんだ という感情をいちいち

認めて受け入れて自分の中に入れて行くことで

本当の自信に繋がっていくものです

ステージを見ていると そうゆうものが見えてくる

ただそこが覚束ないフロントマンには独特な魅力があるのは確かです

ヴィジュアル系だけだと思う こうゆうのが魅力に変えられるのってね

だからこそ私はこの世界が好きなんだろうな

 

 
人気ブログランキングへ

 

 

バンドマンは貢がれろ そして繋がれ(笑)

 

すごい記事を書いてる方がいます(笑)

 

 

彼も心屋塾卒業生だったと思いますが

私と似た思想の方です

 

なんとブログで 養ってくれる女募集してる(笑)

決して生活に困ってる訳ではないはず 彼の講座30万はしますからw

それも恋愛をテーマにしている専門の講師ですから

女ばっかりに囲まれて生活してる訳です 羨ましいですねぇ〜♪ 笑

 

同性からしたらただのエロいおっさんがウハウハで好き勝手やってやがる

けしからん男ですが

それをみんなすればいいということです

 

 

先日はるちゃんの記事の時にも書きましたが

将来的に男女共 不特定多数との交際が当たり前になる世の中が

もうすぐそこまで来ています

子供を産み落としたら 子育てが得意な人に受け渡し

恋愛を楽しみたい人はそのまま恋愛をする

そんな自由な世界が 本当にやってくると思います

 

欲望のまま ではありません

「本音」に従う世界です

 

大半のバンドマンは売れない時代

蜜ギャの皆さんに支えられていたことを恥じのように思うようですが

そこには

この人にお金をあげたい=お金をもらって好きなことをしたい

こうゆう同じ波動で生きていて出会ったという奇跡がある訳ですから

罪悪感なく頂く方が気持ち良いと私思います

(あげる側ともらう側は表裏一体 byバシャール)

ただし罪悪感があるのに受け取っているとあちこちに素性を晒されたりして

大変苦労しますから注意です(笑)

 

また自分のファンと繋がることに関しても同じで

そこには

この人に抱かれたい!(すっぴん全然別人だけど・・・!)=ヤリたい

という同周波数のチャンネルが合っている訳ですから

お互い何も考えず楽しむのが一番と思いますね 笑

 

ですがこれにはややこしい感情が伴うことも

さすがに理解していますのでw両者とも後悔すると思うなら

行動しないことです

 

私は人を養うタイプではないのでこうゆう波動は発しなく

貢いで欲しい人と巡り合わないですが

好きな人にしてあげたいと思うことをやっている のであれば

蜜ギャの皆さんももっとご自分を誇るべきと思います

 

こんなことしている自分は人に言えないほど恥ずかしい

そんな風に思ったら自分に失礼です

自分に失礼なことをしていると 他人にも失礼な扱いをされます

どんなことをしている自分も 自分だけは味方してあげましょう

 

まず 「自分」

 

よく自分の声を聞いてみてください

あなたは貢がれたいですか?

 

YES   ⬅︎      

 

NO

 

ただしそれは周囲の尊敬や評価を失うものでもあります

それでも貢がれたいですか?

 

  ↑ ↑

これでなんと答えるか これが”本音”です

 

 

 
人気ブログランキングへ

 

 

虐待を受けてきた人へ

私が所持しているのはNLP心理学の認定資格ですが

いろんな人の提唱する 禅やら引き寄せやら子宮学やらの教えを混ぜたものを自分なりに解釈して実用しています

ですがベースは心屋仁之助さんです

 

心屋ブログにメッセージが掲載されたこともあります(笑)

で 思うのがやっぱり 心屋式はちょっと 辛口なんですよね

結論から言いますと 

虐待も幻想であることは確かであり

心屋師匠の言うように

過去の記憶は自分で都合の良いように捏造しているというのも嘘ではないんですが

 

それを頭で理解して

なぁんだ 自分でハードル設定してたのかとパッカーんして(心屋語w)

引き寄せの法則に出会ったから 毎日良い事日記つけよう!とか

過去の頑張ってきた自分を笑い飛ばそうとか

そうゆうことに踏み込む前に やったほうがいいかなぁと思うことがあります

 

被虐待児は

物心ついた頃にはすでに 「無邪気」でいることができませんでした

ひとりでは生きて行けなかった当時

大好きな両親に愛されるために

されるがまま 言われるがまま

考えられないほどの我慢をして 素直な感情に蓋をして

今日まで生き抜いてきたのです

 

学校から帰ったら お母さんの機嫌はどうだろうか

今夜もお父さんが 自分の部屋に入ってくるのだろうか

 

そんな心配をしながら 他の子どもたちのように無邪気に遊ぶ「振り」をしながら

苦痛に耐え続けて 大人になりました

かくいう私も

自分でお金を稼いで 自分の力で生活できるようになる日を

今か今かと 夢見てきました なので高校卒業と同時に働き始めました

しかし社会に出て 自活できるようになった私達を待っていたのは

あの頃と同じ 環境

少なくても 感情表現が自由にできる家庭で育った人に比べたら

明らかに波乱万丈な人生を歩んできたと思うのです

 

 

そんな自分の我慢や努力を なんの評価もせず

苦労はしたくてしている とか

自分で親を選んできた とか

簡単に言わないでほしいと 私の中の人に言われたことがあります

 

よくやってきたんですよ

よく生き抜いてきたんです

苦労や病気を自分で設定して 自分で置いたハードルを乗り越えてきたのだとしても

努力 忍耐 我慢 孤独 たくさんの試練を

たったひとりで越えてきた自分のことを 本当に立派だなと思うのです

 

私は 自分に敬意を払っています それは少女時代の自分にも

若き日の自分にも もちろん今の自分にも

乗り越えられる壁を自分でセットしたにしても

生きることをやめようと思ったのは 一度や二度ではありませんでした

本当によく 生きてきたなと思います

 

過去の私に感謝します

どんな思いだったのか たくさん話を聞きます

引き寄せの法則は それからでもいい

それから夢をかなえればいい

 

まずは疲れ果てた戦士の自分に

最大限の感謝を

 

 
人気ブログランキングへ

 

 

 

 

世界が愛で満たされる時

先日別居したという 子宮委員長はるちゃん夫妻


「別居します」の記事には批判コメントがすごかったですねw

つい興味本位で覗いてしまいました(笑)

 

孕ませられたい!という一人の女性の欲求により

誰の子かわからない子供を妊娠し 出産

その後勤務されていた風俗店に訪れた岡田氏と結婚し

その幼子を岡田氏に受け渡しての 別居 離婚もするみたいですね

 

これだけ「心」についてコンサルやらお話し会やらされている彼女ですから

信じられない親だ!とか子供がかわいそうだとかって

そりゃーそう思う人のほうが現代は まだ多い

 

でも子供は本当にかわいそうなのでしょうかね

かわいそうだ!というのはそれを観測している人の思いであって

子供自身はお父さんと居て幸せかもしれないし

血縁関係にない両親に育てられることを不幸と定義するのは

多数決のようなものだと私は思います

 

きっとこれからの世の中

出産したい人が出産して 

育児に手慣れた大人たちが子育てをして

契約を結ばない自由な恋愛を 恋愛したい相手として

(だから相手がひとりとは限らなく)

家族になりたい人達で家族になる

 

そうゆう世界に変わってゆくのだと思います

地球上の人々が「自分を生きる」ということを追求したら

究極はそうなるはずなんです

 

だからはるちゃんは

そうゆう世界の先駆者であり 先端を行きすぎるがゆえ

批判を浴び

ですがそれに耐えられる心を作り上げた人だからこそ

彼女が先駆者であり続けられるのだと思います

頭で理解していても 私にはまだ無理ですもん(笑)

 

彼女はすごいなぁと思います

 

人々が自由に恋愛出産結婚離婚をする時代が来たら

どうなると思いますか?

嫉妬や自己否定 そういったものが全て消えるからこそ

こんな世界が出来上がるのです

 

今はまだ ほんの一部の人たちしか

本来の自分を生きていない

でもその一部の人たちは誰よりも他人を信じているし

自分も他人も愛しているのです

 

彼女達の周りから徐々に 愛が広がり始めている

この先が楽しみです

 


人気ブログランキングへ

たぬきでの叩きは本当に死に繋がる(笑)

バンドによってたぬきの質が全然違うなぁと無意味な分析…

動員に関係なく平和な所もあるんだな

数回しか行っていない私でも誰のことを言ってるのかわかるような書き込みがあると

さすがに行きたくなくなるねw

 

でもそんな書き込みしてたら最終的に自分が死にたくなるんだぞー

 

 

ネット上の書き込みは言葉にして言うこと以上に

自分が自分に言っていることなのだけとれど

それを続けると行く末は冗談じゃなく自殺だよ

 

人に言われること→思考が自分の心に言いたいこと

自分が人に言うこと→自分の心が自分に言いたいこと

 

個人名出してね うざいとかぶっさwwとか書くじゃん?(笑)

それは自分をうざいと思っているからだし

自分をぶっさwwwと(笑)深いところで思ってるから

自分のこと大嫌いなの 書きこみしてるあなた自身が

それに、そんな感情で日々を過ごしてたら

日常に嫌なことばっかり起きるし

顔が歪むし病気になる

 

揚げ足取り した分だけ

自分の小さな失敗すら許せなくなる

この世は全部、自分だからね

 

それから、普段言いたい事を言えていない証

 

誰かと争いたいんだよ

"自分が誰かに影響与えた"と思いたいの

それは、自分の力では何も変えることができなかった頃の自分が

代理復讐してるだけだから

自分の、親にね。

 

叩き続けててみ

もっと自分のこと嫌いになる

最終的に死にたくなるからね

潜在意識上に罪悪感が蓄積されてることにさえ気付かないと

ガンになったり失明したりもする

 

他殺は自殺

続けててみ

 

保証するからね

今そこで誰かを叩いてるその人自身が

いつか本気で死にたくなること

保証する

揺るぎない「私」

もうすぐ誕生日なのですが

私は物心ついた頃から、中の人がずっと同じなんですよね。(私に限らず多分みんなそうです)

今のままなんです。

「子供」として扱われるから、「子供」として生きていたけれど

いつも周りの子供に合わせて、子供を演じなくてはいけないことに

果てしない面倒くささを感じていたなぁと思い出します。

だから誕生日を迎えて、"もう○○歳だし"とかいう人達の気持ちがまったくわからず

だってずっと変わってないじゃん?と思っています。

歳なんて、とらないんですよ。

 

言ってることがまるでわからないかもしれませんが(笑)

私達が現実だと思い込んでいるその、経験やら月日って

本当に重ねてきたものなのでしょうか?

もしかしたら今頭のなかで

"こうゆう経験をしたのは何年前のことだ"と、思考しただけで

現実なんてものはなかった、それは幻想に過ぎなかった。なんてことも

考えられるでしょう?

 

こうなってくるともう…正直、人間との会話が合いませんw

誰と話をしていても、誰の悩みを聞いていても

それ自作自演やでぇ〜、とか

こうやって思われたいがためにこうしているんだなぁとか

考えなくても見えてしまうから

相談にも乗れないし、人間の振りして会話を合わせてお茶を飲むような、、

そんな人付き合いになってきました。笑

 

これから歳を重ねても、私は何も変わらないんだと思います。

私の中の私は、歳をとらないし

初めから若いわけでもなかったし。

「私」という存在は、何の影響も受けない、揺るぎないものであると知っています。

ただこの地球に生まれて、あの人の娘に生まれて、

たくさんの経験をすることが夢でした。

たくさん悩みたかったし、傷ついて、恨みたかった。

そして罪悪感に襲われて、苦しんで、泣いて…そして笑って。

とにかく地球に生まれて経験することが私の夢でした。

働いてお金を稼がないと、生きていけないという設定をして、

愛されていないんじゃないかと疑う不安定な環境を設定して、

周囲と比べて劣等感を覚えるから、理想の姿に向かってがむしゃらに進む設定をしてきました。

この夢から醒めるときにきっと私は

憎み恨んだ経験も、泣いてもがき苦しんだ経験も、全ての経験に

感謝の涙を流して、幸せの絶頂でこの素晴らしい地球を去るのだと思います。

 

昨晩眠りにつく時と、今朝方

こんな夢を見ました。

 

生まれ育ったあの家の夢を見た。

23時半だというのに、誰も帰って来ない。

奥の八畳間でひとり不安になっていると、夏の普段着姿の母が帰ってきて、

台所に行った。

その後車の音がしたので窓を開け庭を見ると、一台のフェラーリがパンッとふかし、

その後に父の車。 

フェラーリの音にびっくりする私の顔を見て、父が幸せそうに微笑んだ。

私の部屋は当時より広くなっており、

庭に向かって置いてある机の上に食事を並べて食べはじめようとしたところで

目が覚めた。

そして今朝方、夜遅く

あのスタンド脇の坂を下って帰宅しようとしていると、

もう1人女性が前を自転車で走っていて、

真っ暗な道に怖くなった私はその人を追い抜き、通り沿いの祖父母の家に入った。

灯のついた六畳間で居眠りをしていた祖母。認知症になる前の祖母だった。

オリジンで買ってきたご飯と味噌汁をレンチンして戻ってきたら、

祖母がゆっくりと目を覚まし、「あら、おかえり」と。そこで目覚める。

 

昔からあの家の夢はよく見る。

それだけあの頃のことが現在に影響していて

置いてきた気持ちや蓋をしたままの感情がたくさんあったのだと思う。

今日の夢では祖父に会えていないのだけど

(祖父母共に他界している)

私があの頃の私に、両親に、祖父母に、あの小さな田舎街に

何かを伝えに行った、ような感覚で

とてもノスタルジックな気分になりました。

 

何かが、動き出す予感です。

 

 


人気ブログランキングへ

バンドが売れない本当の理由②

たぬきの記事にも書きましたが

たぬきでの叩きは(書き込んだ側の)死に繋がる(笑) - 【裏】SOLITUDE-klang

周囲に言われることと、自分が周囲に言いたいこと というのを利用して

説明します

 

①誰かから

「お前のバンドはかっこいい」と褒めてもらったとします

 

②しかし一方で

思うように上がらない世間の評価

があったとして

 

③バンドマン張本人は

「俺のバンドが一番かっこいい」と本気で思っているとします

 

 

心の世界だとこれは

 

人から言われること=思考が自分に言っていること

自分が人に言いたいこと=自分(心)が自分(思考)に言いたいこと

 

*ここで心と思考について解説しますと

 (色々な表現があるので一概には言えませんが・・)

 

心⇒俗にいうインナーチャイルド、本音(自覚がないことも多い)

    ハイヤーセルフなど

思考⇒自分で意識している「考え」、観念、一般常識など

自分という存在の中には、2つの「想い」があって

他人、や社会は、その2つを足して映し出す鏡と考えます

 

青字の公式を当てはめると

①誰かから

「お前のバンドはかっこいい」と褒めてもらった

 

「思考」が”お前のバンドはかっこいい”と言ってて

 

③バンドマン張本人は

「俺のバンドが一番かっこいい」と本気で思っているわけで

 

世間、社会の評価として

②思うように上がらない

 

これに対してバンドマン張本人が感じることが 

自分が人に言いたいこと=心が自分(思考型の自分)に言っていること になります

 

○○も褒めてくれてるし俺もこのバンドが過去最高にかっこいいと思ってる

自信がある だからどうして世間がうちのすごさを理解しないのかわからない

もういい加減日の目を見たい

そろそろわかってくれ 俺らの凄さとかっこよさ

これ以上どうすればいいっていうんだ

 

と感じているとすると

 

 

一歩離れて見てみます

すると

「心」➡もう十分頑張ってるし、人一倍我慢も努力もしてきた

    そろそろ俺を許してくれ これ以上どうしていいかわからない

    いい加減俺を評価してほしいんだ

 

と 自分に言っているということになります

 

世間の厳しさは 自分への厳しさ と

よく言いますけど

分解するとこうゆう仕組みになっています 伝わるんでしょうか(笑)

自分らへのダメ出しいい加減にしてくれということですよw

いつかも書きましたが

貫いてきた信念 貫き続けて売れないのは貫き続けているからです

信念を捨てたときに流れが変わります 

信じるか信じないかはあなた次第です

 

バンドを応援する側も同じで

こんなにかっこよくてこんなに大好きなバンドが

どうして売れないで解散していまうのか(泣笑)

 

商売してる人だとわかりやすいですが

こんなにいい商品を提供しているのにどうして売れないのか

ということをそのまま映し出しているのがその好きなバンドだったりします

(笑)

 

 

よく 夫婦でね

私がひとりで家事も育児もこんなに頑張っているのに

たまに体調が悪いときにもあなたは「俺の飯は?」

   しね となった経験のある奥様多いと思うんですがw

 

こんなに頑張っている私(心)が

あなたに私を大事にしてよと訴えている

この”あなた”

これはご主人ではなく 自分なんですね実は

 

もっとサボって 休んで 旦那を頼っていいんだぞという

ハイヤーセルフからのお達しです

 

 

世界を見渡すと結果全部自分であることに気づきます

説明難しいですが(笑)面白いです

こんなことわかってなくたっていいけど

知っていると何もかもが当てはまるから

試てみて